■amazonペイメント対応

TEL 0768-22-0184

(平日9:00~17:00)

 



日本の誇る伝統工芸・輪島塗と、
世界で愛される日本生まれのスーパーキャラクター
「ハローキティ」の夢の共演が実現しました。
漆のしっとりとした美しさに映えるキュートなハローキティは、70年代復刻版。
世界中を魅了するハローキティの愛らしさと、
輪島塗の熟練の職人技が見事に調和した逸品です。

財布の中に沢山入っているカードをまとめて入れるための
カードケースとしてもお使いいただけます。

【納期について】
受注生産のため、ご注文から約1ヶ月後のお届けとなります。
詳細なお届け日は、ご注文時のメールにてお知らせいたします。


↓画像をクリックすると、拡大してご覧いただけます。  【サイズ】縦:10.2 × 横:6.3 × 高さ:1.2cm


ハローキティ 名刺入れ

価格: ¥110,000 (税込)
数量:
在庫購入

返品についての詳細はこちら

◎模様
名刺入れの模様は、雨だれをイメージした手描きの細い線と共色のハローキティ。雨だれ模様は、大切に使っていても自然とついてしまう使い傷が目立ちにくいように工夫を凝らした美しい模様です。名刺を出すためにフタをあけると赤の名刺入れには黒色、黒色の名刺入れには赤が見え、ぱっと目を引く印象深い名刺入れ。

◎技法
鎌倉時代の仏像制作によく用いられていた、脱乾漆という技法は大変軽く薄く仕上がります。はじめに石膏などである程度の型を作り、その型に漆をひたした布を貼りかさねていく。ある程度の厚みになったら二つに切り、中の石膏を抜き出す。そして、もう一度型の通りに張り合わせてから漆をひたした布を再度張り重ねて行く。漆をつけながら形を整えていき、上塗りをして形状を仕上げる。形ができあがったら上塗りを施す。脱乾漆は形を自由に作ることが出来ますが、表面が入り組んでいたりでこぼこしていたりするので、研ぐことが大変難しく、蒔絵も描きづらいのが難しいところ。こちらの名刺入れは、木地を使わず漆の塗面だけを使って作ったものなのです。利点は木製より弾力性があり、割れにくいということ。また、ポケットやカバンに入れて持ち歩くとき、服やカバンを傷つけません。



 
1924年、行商としてスタートした大雅堂。以来一世紀近く、先人から積み重ねてきた伝統と技術を守ってきました。 時が経っても、色褪せることのない美しさ。器や家具としてただ機能するだけでなく…… >>
 
320年分の経験から成る技術が、大雅堂のチカラです。8人もの熟練職人のリレーで成り立つ輪島漆器。平均40年の経験から、大雅堂の漆器はつくられています。1.荒型 原木を小割し、大まかな形に…… >>

 
大正13年の創業以来、約1世紀の時を迎える大雅堂。時代は変われど、日本の伝統工芸品として多くのみなさまに愛されて参りました。その永い時間、卓越した技術を守り、誇り高い信念を伝承してきた職人…… >>
 
輪島漆器 大雅堂ショールーム
〒928-0042 石川県輪島市山本町ヲシヤ田19-2 
電話番号:0768-22-0184…… >>


輪島漆器 大雅堂

WAJIMA-SHIKKI TAIGADO since 1924

■輪島漆器大雅堂株式会社

展示場所:〒928-0042 石川県輪島市山本町ヲシヤ田19-2

TEL 0768-22-0184

(平日9:00~17:00)

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ