■amazonペイメント対応

TEL 0768-22-0184

(平日9:00~17:00)

 



この屠蘇器は、
金をふんだんに使用した豪華な蒔絵の屠蘇器です。
銚子や屠蘇台だけでなく、盃にも一枚一枚、手の込んだ美しい蒔絵を施した、
輪島塗らしい極上の屠蘇器です。平蒔絵や高蒔絵、研ぎ出し蒔絵や螺鈿の技法など、
蒔絵の様々な技法を用いて、美しい山水に松竹梅の御目出度さを加味した蒔絵。
山水は人々の憧れる不老不死の憧れの理想郷を表し、松竹梅は、三つの植物が雨風や寒さに耐え抜く生命力の強さを持っています。
松は、常緑樹で古くから長寿のシンボルとされてきました。
竹は、常緑で成長も早いことから、生命力の盛んなしるしとして尊ばれてきました。
天に向かってまっすぐ伸びるその姿が、いかにも生命力の強さを連想させます。
ささと共に、魔除けの意味も有るとされ、神事にも多用されます。
梅は、早春の花で生命の息吹を感じさせます。古くから、知恵と悟りの花・神の叡智を呼ぶ花とされてきました。
松竹梅は、幸せを願う心をあらわすといえます。

屠蘇器は屠蘇を頂くための道具をひとまとめにしたセットです。
屠蘇(とそ)とは、「邪気を屠絶し、人魂を蘇生させる」ということで、
一年中の邪気を祓い延命長寿を願うために飲む酒です。
美しい蒔絵が、いっそう晴れやかな迎春の時を演出し、
新しい一年の門出を幸多かれと祈念します。
お屠蘇を勧めるときには、盃台を持って勧め、盃を銘々お取り
頂き、銚子に入れたお屠蘇を注いで飲んでいただきます。
盃は、布で拭くか杯洗(別に用意します)で軽くすすいで、次の方にお勧めします。
屠蘇は、暮になると酒屋さんや薬やさんで手に入りますので、酒やみりんに浸してお使いください。
屠蘇器は、お正月にお屠蘇を頂いて邪気払いをしたら、
いったん洗って、きれいにします。
そのあと、小正月まで床の間に飾って、正月の雰囲気を味わって下さい。


制作者 : 谷内 紫香 >>


【納期について】
ご注文から2週間以内のお届けとなります。
詳細なお届け日は、ご注文時のメールにてお知らせいたします。


↓画像をクリックすると、拡大してご覧いただけます。  【サイズ】幅:41 × 奥行き:27.5 × 高さ:29.5cm


屠蘇器 松竹梅蒔絵

価格: ¥520,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

輪島漆器 大雅堂

WAJIMA-SHIKKI TAIGADO since 1924

■輪島漆器大雅堂株式会社

展示場所:〒928-0042 石川県輪島市山本町ヲシヤ田19-2

TEL 0768-22-0184

(平日9:00~17:00)

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ