■amazonペイメント対応

TEL 0768-22-0184

(平日9:00~17:00)

 



日の出の紋様は、新しい始まりの意をも表し、
ひいては夜が明け光がさすことを人生にもうつし、
大成するの意を表す吉祥模様です。
常緑樹の松は、長寿の象徴。
御目出度いものの代表である松竹梅の一つにも数えられる、
日本の吉祥模様の代表です。

【名入れ】
別途御見積いたします。お気軽に御問合せください。

【納期について】
2~7営業日で発送。もしも在庫の無い場合は、作業状況に応じて納期をご案内します。お気軽にお問い合わせ下さい。
詳細なお届け日は、ご注文時のメールにてお知らせいたします。



↓画像をクリックすると、拡大してご覧いただけます。  【サイズ】飾り皿:直径21.3×厚み2.8cm 桐箱:横24×縦24×厚み7.6cm 皿立付き


飾皿(丸型)日の出松沈金

価格: ¥84,240 (税込)
備考欄:
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

◎模様
朝、日が昇って新しい一日が始まります。暗い闇夜が開けて、明るく暖かくなる日の出の時を、私達日本人は古来より有難く大切に思ってきました。高い山の頂上から見る御来光や、元日の朝の初日の出は、またいちだんと有難く、目に見えない力が降り注がれる感じがします。

◎用途
飾り皿は、床の間や書院、玄関や仏間、どこにでも気軽に飾って頂けます。ご自分の一番安らげる場所に、飾ってください。飾るのも収納にも手間がかかりませんので、季節ごとの入れ替えや、行事にちなんだものなど、手軽に模様替えをお楽しみ頂けますね。お掃除の際にも、輪島塗は軽いので、移動が簡単に出来、掃除の邪魔になりません。

◎技法
沈金とは、輪島ならではの加飾の技で、のみで漆の塗面を彫り込み、金銀の箔や粉を埋める技法です。手で表面を触ってみると、金色の部分が細い溝になって、彫り込まれていることがわかります。この沈金は、漆の塗厚が十分でなければ深彫りできず生かされません。漆の肌に刃先で彫り込んだ繊細な線画で、自在な加飾ができる沈金は、しっかりした下地にささえられた厚みのある上塗りの、輪島ならではの技法です。



 
1924年、行商としてスタートした大雅堂。以来一世紀近く、先人から積み重ねてきた伝統と技術を守ってきました。 時が経っても、色褪せることのない美しさ。器や家具としてただ機能するだけでなく…… >>
 
320年分の経験から成る技術が、大雅堂のチカラです。8人もの熟練職人のリレーで成り立つ輪島漆器。平均40年の経験から、大雅堂の漆器はつくられています。1.荒型 原木を小割し、大まかな形に…… >>

 
大正13年の創業以来、約1世紀の時を迎える大雅堂。時代は変われど、日本の伝統工芸品として多くのみなさまに愛されて参りました。その永い時間、卓越した技術を守り、誇り高い信念を伝承してきた職人…… >>
 
輪島漆器 大雅堂ショールーム
〒928-0042 石川県輪島市山本町ヲシヤ田19-2 
電話番号:0768-22-0184…… >>


輪島漆器 大雅堂

WAJIMA-SHIKKI TAIGADO since 1924

■輪島漆器大雅堂株式会社

展示場所:〒928-0042 石川県輪島市山本町ヲシヤ田19-2

TEL 0768-22-0184

(平日9:00~17:00)

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ