■amazonペイメント対応

TEL 0768-22-0184

(平日9:00~17:00)

 
 
    鬼平 慶司 - 輪島塗 蒔絵師/蒔絵作家
おにひら けいじ
 
   

若い感性と優れた技術は、日頃の研究熱心さに裏付けされた確かなものを持つ。 新しいことにも果敢に挑戦し、もっといいものをと試行錯誤するのが恒。
大雅堂社長の無理難題にも喜んでチャレンジする、信頼の置ける作家の一人。

一九七三年 三月十五日 輪島市に生まれる

一九九一年 伝統工芸士 熊野貞久氏に蒔絵を師事

一九九七年 第三十八回 石川の伝統工芸展初入選 以後入選を重ねる 

一九九八年 石川県立輪島漆芸技術研修所蒔絵科卒      
同年 東京国立博物館内 漆工修理室にて         
国宝中尊寺金色堂巻柱復元模造製作に従事(一九九九年五月迄)

二〇〇〇年
第十七回 日本伝統漆芸展初入選 以後入選を重ねる          
第四十七回 日本伝統工芸展初入選 以後入選を重ねる 
第五十六回 現代美術展初入選(石川県)
第三十四回 輪島市美術展初入選入賞 以後入選を重ねる 

二〇〇一年 第五十七回 現代美術展入賞「佳作」(石川県) 

二〇〇二年 第五十八回 現代美術展入賞「佳作」(石川県)          第八回 兼六園大茶会工芸作品公募展「奨励賞」

二〇〇三年 日本工芸会正会員に認定

二〇〇四年 第二十一回 日本伝統漆芸展出品作品 『延齢草文蒔絵漆食籠』       朝日新聞社賞受賞

二〇〇五年 第三十九回 輪島市美術展「輪島市教育長賞」受賞 委嘱推挙

 

お正月らしい輪島塗として、屠蘇器・重箱のセットは、欠かせないもの。 屠蘇器には、お年始のお客様や家族で、おめでたいお屠蘇を頂くために必要なものが揃っています。

ふたを開けると、おめでたいいわれのおせち料理が並ぶ重箱。持ち運びに便利なだけでなく、漆には抗菌効果もあります。先人がのこしてくれた素晴らしい文化をお試し下さい。

目に見えない部分までも輪島塗であること。座卓の裏側も、幕板の裏側も、そして床にふれる足の底面も、すべて輪島塗。だから畳や絨毯にも、指にも食器にもやさしいのです。

輪島の飾り棚は、細い柱や裏板などの細かい部品の一つ一つを輪島塗に仕上げたのちに組み立てます。末永くご愛用いただくための工夫の一つです。

結婚祝いに、輪島塗の汁椀を。輪島塗は、修理やメンテナンスをしながら末永くお使いいただきたい漆器です。お二人の新しい歴史の中に、末永くご愛用頂ける輪島塗の椀を。

漆額に花器、飾箱から文箱、飾皿など、幅広く輪島漆器をお楽しみいただけます。

輪島漆器大雅堂 -ショールーム-

輪島塗専門店単独では日本最大級の輪島塗展示場「輪島漆器大雅堂」。展示スペースは120坪超。もちろん、展示商品も広さにまけないくらいの質と量が揃っています。輪島塗の逸品を、ぜひ輪島漆器大雅堂の常設展示場へご来場いただきご覧ください。

輪島漆器 大雅堂

WAJIMA-SHIKKI TAIGADO since 1924

■輪島漆器大雅堂株式会社

展示場所:〒928-0042 石川県輪島市山本町ヲシヤ田19-2

TEL 0768-22-0184

(平日9:00~17:00)

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ